今日は、初めて算命学を学ぶ方のためのレッスンの日でした。

レッスン初日は、算命学とは何か、成立された背景やその理論体系を

大まかにお勉強します^_^

 

今日は久しぶりにその理論体系に触れて、普段はあまり意識していない

思いが浮かび上がってきました。

そう、人間って結局は宇宙の法則の一部に過ぎないのよねって

心が軽くなります☺️

 

時々算命学の鑑定をさせていただいておりますが、その作業工程は、

数字の計算ミスが無いかとか、占技の見落としがないかとか、

どうやって文章を構成しようか、そういう作業が多くて

ゆったりはできません(^◇^;)

 

太古の人が、どうやって宇宙の法則を見つけだしたのだろう?

人間は、この自然界に皮膚1枚を隔てた存在に過ぎないこと

そんなこと、どうやって体得していったのかしら。。。

逆に当たり前過ぎて、我々現代人には想像もつかないほど 、

自然と人間は一つだったのかしら^_^

太古の人は、どんな気持ちで空を見上げていたんでしょう。。。

いろいろ想像するとワクワクします(^-^)

太古ロマンですね💕

 

ロマンといえば、何年か前に創喜先生が書かれたこの記事が

私は大好きです✨✨

キトラ古墳について

 

興味のある方はぜひ読んでみてください💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です