さて、算命学でよく聞く「身弱と身強」。

これがどこで決まるのか、書いてみたいと思います😄

 

以下、十二大従星と呼びますが、これらは、

「人間がこの世で発揮できる力量」を示したもの。

その人が周囲に与える「圧」みたいなものですね(о´∀`о)

 

身弱の星…天報、天堂、天胡

身中の星…天印、天貴、天恍

身強の星…天南、天禄、天将(これらが複数あると最身強)

最身弱の星…天庫、天極、天馳

 

この12個の星は、人間の一生の流れを表してるのですが、

天報(胎児)から始まって、赤ちゃん、青少年、成人。。。死、あの世まで

をドキュメンタリーで表しています。

ちなみに、算命学は「輪廻転生」が根幹思想ですので、あの世までちゃんと

入ってます^_^

 

この星が、命式の若年期、中年期、晩年期どこに入っているかで

解釈も変わりますが、概ね、身強星が1個でも入っていれば

その人は「身強の人」となります。

 

さて、昨日の次男の命式に戻りまして。。。

彼は天庫と天馳しかない最身弱。これは、「入墓」「あの世」の星。

この世での力量はほとんどありませんね😂

なんか可哀想。。。。って思いませんでしたか?

それがそうでもないんですよねー

昨日の記事で最後の方にも書きましたが、

 

周囲の人がなんとかしてくれる」

 

これこれ!これに尽きます😂

身弱(特に最身弱)ともなると、なぜか周囲の身強さんが黙っていない😂

身弱さんって、自然と助けてもらえる雰囲気が満載なんですね✨

私はかなりうらやましい( ̄∀ ̄)

 

身弱さんの最適な生き方💕

無理に自分だけで頑張ろうとせず、上手に人に頼ること。

特に身強さんは、あなた方の頼りになります(о´∀`о)

そして上手に人に動いていただくために。。

可愛げと心の清らかさ、感謝の気持ち、これを持っていれば

人生安泰です😂

私は次男にこのことをしっかり教えたい。。。( ̄◇ ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です