年末年始休業が明けましたねー

やっと子供の学校が始まって日常が戻ってきました!

また少しずつ記事をスタートしていきます✨✨

 

さて、対冲についてです。

今は戊戌年(己亥年は、節分からです^_^)。

日柱の支が「辰」の人は、戌-辰の対冲の年でした。

算命学では、「西が対冲される時〜」とかよく言いますが、こういう時に

使います。

 

対冲は、破壊という意味があります。

西が破壊されるって聞くと、え?死ぬの?とかちょっと怖いイメージ

ありますよね(^◇^;)

しかしそういうことではなくて、

「エネルギーが分散する」「蓄積が破壊する」という意味が主になります。

 

さて、日柱が(西が)対冲される〜時の現象です。

例を挙げてみます^_^

 

◎ 妙に出費が増える

◎夫婦仲、家庭がゴタゴタする(離婚しやすい時期でもある)

◎考えていることが気が散ってまとまらない

 

西とは、「物事の結果と蓄積」を表します。

それが対冲現象によって破壊されるわけですから、上記のような現象が

起こるわけです。

対冲だからといって必要以上に怖がる必要はありませんが、

日柱は自分自身を表しますので、それが破壊されるという現象はやはり

多少のごたつきは避けられないのです。

この世はエネルギー体でできていますので、必ず現象は起こります。

しかし、来るぞと思って心の準備さえしておけば大丈夫です^_^

 

私の夫は日支が辰ですので、対冲でした(^◇^;)

大したことないんじゃなーい?とタカをくくってましたが。。。

やっぱありました。

我が家は、出費が増えるという形で現れたみたい(^◇^;)

まず、屋根が壊れたのを皮切りに、家電、タイヤ、その他諸々、この1年間

いろいろありました。

覚悟していたので大丈夫ですが、来年の亥年はsayaが対冲です(^_^;)

さて何が起こるやら。。。

ま、元々分散傾向なんで、大したことないでしょ😂

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です