突然ですが、今日のお題^^

昭和のタフガイこと石原裕次郎さんの歌のタイトルです😄


さて、sayaの両親は北海道生まれです。両親は、大学進学と結婚を機に

以来ずっと本州に住んでいます😄

やっぱり郷愁の念があったのか、母はよく裕ちゃんの歌を内職しながら聴い

ていましたね😄裕次郎さんは北海道にちなむ歌が多いですよね。

私は小さい頃よく学校を休んでいたので、ラジオやカセットテープから流れて

くる裕ちゃんの歌をすっかり覚えてしまいました😂

タッタタタタター のイントロだけで、恋の街札幌今でも全部歌えますわ😂

子供の頃の記憶ってすごいですね。忘れたくても忘れられない😅

今でこそ年齢が追いついていますが、20代の新入社員だった頃は年齢詐称

を疑われました。当時、カラオケは大ブームでしたので(^。^)

甲戌年 丙子月 癸酉日 戌亥天中殺 互換天中殺
エネルギー158 排気⒎6 車幅50 スピード0.31                                                        

裕次郎さんの命式です。

タフガイというにはちょっと弱々しい感じしますが。。

見目麗しい雰囲気は満載ですよね^_^

命式の特徴としては

互換天中殺 → 大成功する場合もあるが、太く短い人生になりやすい

陽転順位1位 → 宿命通りの人生を歩みやすい

宇宙盤1位 → ものすごい引力あり、魅力的で美形多し

大体、これだけで説明がついてしまうような😅

52歳で亡くなられてるんですねー若い😵

でも、裕次郎さんとか美空ひばりさんって今見ると70歳以上くらいの

貫禄ありませんか😅老けているというかなんというか。。。

太く短い人生の方って、早く大人になってしまうんでしょうかね。

夫人のまき子さん、最身強の庚金の人です。

宇宙盤一領域の配偶者は大変ですが、負けなかったですね!



ひとつ注目してしまった点が。。。

裕次郎さんの命式に「破」があります。

癸から丙を見ると、司禄星。正妻に当たります。この破の意味は、

司禄星に当たる人物を生涯恨む要素ができる

と言う意味があります(;´Д`A

私が思うに。。。。

大好きなお酒を奥さんに止められたのかなあって。

奥さんはご主人の体を思っての禁酒ですから、当然といえば当然。

でも当の本人は、ちょこっと寿命が短くなろうと、飲みたいものは

存分に飲みたい!って思ったかもしれませんね。

太く短く生きる宿命の方って。。。

常識では考えられない思考をするんじゃないかと私は想像します。

自分の命の期限を知っているかのような。。。

それにしても、裕次郎さんの声は渋いですよね^^

私自身も郷愁を誘われます^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です