昨日まで、命式に相剋が多い人の特徴を取り上げました。

それでは逆に、相生が多い人はどんな感じになるでしょう?😊



相剋の人が絶えず気を張って生きているということはその逆に

なります。それは、無意識に生きているということです。

これってどういうことでしょう?



例えば、何か自分にとって不都合なことが起こったとします。

その時に、その出来事に対して、

「どうすれば改善するかな?どうやって切りぬけよう。そもそも私の

対応がまずかったのか」っていちいち考えるのが相剋が多い人😂

反対に、相生が多い人って、いろんな出来事に対して鈍いというか(^◇^;)

「あーまずいなー」

っていう程度で😂

自分でなんとかしようっていう気持ちとか、改善しなきゃとか、そういう意識

が無いかも(^◇^;)

周りが何とかしてくれるって自然に思えちゃう人。

反対に、やりすぎじゃない?というほど周囲に尽くしちゃう人。

そもそもが、相生の多い人って、自分と周囲の関係にそれほどの意識が向かない

かもしれませんね。人類皆兄弟、じゃないですけど。



相剋の多い人が自分と他人を強く意識するのに対して、相生の多い人は

自分と他人の境界がそれほど無い人なのかもしれません。

当たり前過ぎて考えないのかも、そういう傾向があると私は思っています。

ちなみにワタクシは相剋が多い人間ですので(^◇^;)

姉妹共にノイローゼ気味なのね😂

相生の人の気持ちがよく分からないと思います(^◇^;)



創喜塾のサイトにもこういうアプリがあります😂

⬇️
ナマケモノ診断

自分の日干と周囲の5つの星がすべて相生関係になる人が、ナマケモノ

ということで診断されます😂

ナマケモノけっこう少数派で、レアケースなんですよ!



ちなみにこのナマケモノ診断、とある有名人を入力してみたところ、

なんとビンゴ!でその方はナマケモノでした。

それは。。。

何かと世間を賑わせている、マコ様のお相手の方です(^◇^;)

なんだろう。。。妙に納得してしまいました😂



さて、相生の多い人は、無意識で生きていることが多いため、自分のアンテナ

が立ちにくい面があります。

喜び悲しみあっての人生、敢えて困難を強いられる環境に身を置いて、

「あー私は生きてる!!」という実感を持つと人生が豊かになります😊

特に、身強の相生さんは、困難な環境に身を置いて、たくさんの経験を

積むことです。

たくさん失敗を重ねて、能力が開花されていきます🌟



今回の記事は、ワタクシの主観がかなり入っていますが。。。

相生と相剋どちらが多いか、人物を観ていくのにけっこう重要視しています🌟




























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です