44歳の息子を父親が殺してしまうという、またショッキングなニュースが

飛び込んできました。

その父親が元事務次官の方ということ、息子は長年引きこもりの状態にあった

とのこと。事務次官といえば官僚のトップですから、その息子が無職というのも

極端すぎますね。


算命学的に見て、

親子の運がシーソーする関係かどうか


この点を見ることが重要になります。

以前記事にしたこともありますが、「親剋型」の関係かどうか、ということ。

今回のケースをみると、「親剋型」と判断して間違いはないと思います。



父親が事務次官まで出世 →明らかに官徳(金質)が陽転

→親の官徳が陽転した場合、子の禄徳(土質)は陰転します。

土生金ですから、子供の禄徳を奪って親は官徳を伸ばしました。



親子で運がシーソーするということは、

親が子の運を奪って自分の運を伸ばす、という現象がおきます。

息子がいつまでも無職だったというのも、この関係上は仕方ない

ような気がしてきます。。。



それでは、親子の運がシーソーする関係の場合はどうしたらよいのか。

もし「親剋型」の子供が生まれたら、必ず親元から離して自立させるこ

とが重要です。



地方に住んでいると、大学進学などで親元を離れるチャンスがありますが、

都会に住んでいると学校もたくさんありますし、自宅から通えますから

そのままここまで来てしまったのかなあと想像します。

親の影響が少ない地方とか海外とか、家を出てしまっていたなら彼の人生

大きく変わっていたかもしれませんが。。。

本人の資質もありますし、難しい問題でもありますが、親が立派すぎるのも

考えもの、ということですね(^◇^;)



ちなみに、親子の運がシーソーするのは、親剋型の命式の場合だけですので。

親奉型の場合はシーソーしません。



今回のケースはかなり極端でちょっと怖くなりますが(^◇^;)

いつまでも親子が一緒に居ると、現象も強くなります。



もし親剋型の子供が生まれたら、とっとと家から出しましょう。彼らが自立

するまでは辛抱強く支援するしかない。親の禄(お金)が減ってきたら、子の福

(幸福)が増します。木剋土、です。

親の金を奪って子は幸福になるのです(^◇^;)

子供を出世させたかったら、親は自分の幸福は削らなければです。金剋木。



この事実を知った時にsayaは。。。

何事も程々がいいなあと強く思いました(^◇^;)























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です