前回、村下孝蔵さんの記事を書きまして。

追悼の意味も込めて、CD買おうといろいろネット検索しておりました(^。^)

んー地味に送料かかるなあ←セコイね😂   と考えていたら。。。

「sayaさん、ここに村下孝蔵のCDあるよ!」と母が教えてくれて、

無事に購入にこぎつけました💓

まさかこんな場所で買えるとは!

偉大だな!○インズホーム\( ˆoˆ )/

 

早速、いそいそと車の中で聴きまして✨

そうそう!この曲、昔車の中で聴いとった!って懐かしさに泣きそうに

なりました(^◇^;)

そしたらなんとmihoさんが、「sayaさん、私すごくよく憶えているよ」

との一言Σ(・□・;)

 

sayaとmihoさんは、10歳の年の差があります。

いくらなんでも中高生の彼女に聴かせていたか?と不思議に思って理由を

聞きました。

そしたら、「朝、高校へ車で送ってもらう中でたくさん聴いた」と(^。^)

 

私の勤務先とmihoさんの高校は近くでして。自宅から車で1時間近くかけて通勤

していたので、そういえば時々mihoさんを高校へ送って行ったわ!と

いろいろ思い出しました💓

 

嘉門達夫の替え歌メドレーもよく聴いたと😂

村下孝蔵を聴きながら泣き、嘉門達夫でゲラゲラ笑い。。。このコントラストが、

当時、苦しみながら仕事に通っていたワタクシの心情をよく表しているなあと

思います(^◇^;)

それにしても、朝の車中の1時間、それらを聴かされていたmihoさん。

大事な思春期の人格形成に影響は無かったのか?と、今更ながら心配に

なりました(^◇^;)

 

さて、今日のタイトルです。

1991年に発売された村下孝蔵さんの曲です✨

 

春夏秋冬  繰り返す

季節を着替えながら

花に埋もれて  月を待ち

鳥を追いかけ

睦月 如月  弥生  卯月

朝から夕べへと

雪と舞い遊び 雨に濡れ

雲をたどり

 

この国に生まれてよかった

美しい風の国に

ただひとつの故郷で君と生きよう

 

なんて叙情的で美しい歌詞なんでしょう😭

季節と五行が満載😭

春夏秋冬、それぞれの間には土用月もあるけどね、算命学は(^。^)

この歌の締めくくりは

 

遠い夢ならばこの国で叶うように

 

私の知ってる人も知らない人も、みーんなの夢が叶いますように💓

日本に生まれてよかった✨

この歌を生み出してくれた1人の天才に合掌✨

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です