「結果がまとまらない」と聞いて私がすぐに思い出すのは、

○子未の害

○対冲

この二つです。この現象の違いって、うまく説明できますか??

私にとっても、難題です😂😂


まず害とは、「支合を阻害する」エネルギーです。

宇宙の自然の気の流れが支合ですから、それを阻害する、ということです。

ですから、害を命式に持っているという事は、「不完全に存在してる」ことに

繋がります。


そして、対冲。これは、支と支のエネルギーが真逆でぶつかり合うこと。

エネルギーがぶつかりあって粉々になるイメージです。つまり、それぞれの

支のエネルギーは、半減してしまう、ということに繋がります。

支のエネルギーがなくなるわけではなく、俗に言う痛み分けってやつです😂


私の感覚の解釈ですが。。。

害は、パズルのピースがどこか欠けた状態で完成していること

対冲は、そもそもパズルが完成してなくてピース状態であること

こんなイメージを持っています。



だから、害を命式に持っている人は、いつもどこかもどかしい。

あとちょっとでパズル完成するのにって感じ。

比べて、対冲は、はなっからパズルを完成させる気が無い😂

ピースのまんまの状態が普通。


あくまで、私の感覚とイメージですけどね😂

皆さんそれぞれの解釈あっていいと思うのです✨

自分の言葉で、イメージとか言葉とか持っておくと、すごく楽しいです。

特に、自分で鑑定やっていけるようになりたいっていう方は、この小難しい

算命用語を、いかに優しくわかりやすく言葉に変換できるか?ここが

大事になってくると思います。



久しぶりに真面目に書いちゃいました(*´∀`*)

こう書いてる私は、命式に対冲2個を持ってますから。

つまり、はなっから色んなことを完成させる気がないんですねー

この算命ブログも、初めはコツコツやっていこうと思ってたんですが、

どうしても気が散ってできない。そもそも無理なんだなーってつくづく

最近よく分かりました(^◇^;)

でもこれが私さ!ということで、気楽にやっていこうと思います✨








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です