今月の創喜塾zoom講習会のテーマは「子育て、親子」です。

その関連の鑑定作業をしていたら、自分の子供時代のエピソードを

思い出しました😊

突然、担任から平手打ちされた恐怖はさておき(^◇^;)


これは、大人になってから聞いたエピソードなのですが。

当時の通知表は、良い、普通、悪いの三つで評価されて表になって

いました。小学校の教科ごと、結構細かくビッシリと項目がありました。

ある時の通知表、M子ちゃん、ぜーんぶ「ふつう」だったんです。

つまり、全ての段落が、真ん中だけが◯で埋まっていたんです!


M子ちゃん、あまりのショックで帰ってきてから泣いたそうです😢

母親は担任に、もう少しなんとかならなかったんでしょうか?と

訴えたのですが、担任はいたしかた無いみたいな感じでゴニョゴニョ(^◇^;)


確か私の成績は、良いが3つくらい、悪いが7つくらい、あとぜーんぶ

ふつうだったと記憶していますが。

頭だけで考えてたらね、悪いが1個も無いM子ちゃんの方がいわゆる

成績が良いはずなんですよね。

ただ、これだけたくさんの項目がびっしりあって、全てにおいて

「ふつう」と評価される重み、段落全て真ん中だけが◯で埋め尽くされている

破壊力💧

真面目な子なら、泣くよね。。。1個くらい良いつけてあげたっていいじゃない?

減るもんじゃないんだし。

好きの反対は嫌いでは無く、無関心と聞きます。

そんなことを思い出させるような、あなたのこと、良いも悪いも判断

しませんよというメッセージが隠されているような恐怖。。。

私たち世代はベビーブームの頃。子供もたくさん居て、いちいち子供のこと

見てなかったとは思います。特に大人しくて目立たないタイプは、全部

ふつうにされていた時代です。


親は「ふつうにやっててくれれば良い」って望みがちですよね。

でも、ふつうってなんでしょうね?😂

こんな風に評価されるくらいなら、悪いって言われる方がマシって😂

そんなことを思い出した日でした✨


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です