今日は算命のお話ではありませんが〜

人と人との出会いとか起こる出来事とか、全部意味があって必然、そして

有限だったんだなあと実感しているところです。


私はとある人と出会って、その方の生き方に様々な影響を受けました。

心の在り方を教えてくれた方でもあり、何より、自分という人間を

どう活かすのかを教えてくれた存在でした。

いえ、教えるというより、「自分で気づけ!」というタイプですね😂

とにかくその方のアドバイスで、私は現在まで懸命に前進をする

ことができました。引っ張られた感じです。



最近その方が、更なる目標に向かって、とても遠い所へ行かれました。

元々すごい人なんですが、もう物理的にも心理的にも、そして次元的にも

遥か遠くに行っちゃったな〜と。ああ、ここでお別れなのかなって自然に

思いました。本当の意味で私も自立しなきゃなーって。



そこでふと気づいたのです。今、ものすごく等身大の自分を生きている

実感が湧いたというか。今、確かに「私」自身が判断して生きているん

だなって。意外に大丈夫って心境なんですよね。

思いついたことはやってもやらなくてもいいけど、どうせならやった方が

いいね、人生って有限だから。という心境でもあり😂

いつからこんな度胸のある人間になったんだろう。。。。


その方との出会いも、その理由の一つですが、その出会いを、自分を変える

エネルギーに変換できたのは自分自身の力。

あの過敏体質をよくぞここまで変化させたなーと。

すごいやん私、猛烈に自分が愛おしくなっちゃいました💓



今日のタイトルは、限りある時間だからこそ活かしたい、ということ。

その人と関わった数年間も、算命学の鑑定士として歩んでいるこの時間も、

全て有限。タイムリミットが存在する。

喜びも悲しみも迷いも苦しみも満足も不満足も

今ある全てを味わって生きよう。


ところで私は、今現在、鑑定書の文章がまとまらずに苦しんでいます。

その煩悶さえも、全力で味わって生きよう、と思うわけであります😂




2 Thoughts on “限りがあるからこそ”

  • 時間は有限ですものね。
    その有限な時間を本当は自分の自由に使っていい!という、最高の贅沢に気付いているのに、できない理由を見つけては二の足を踏み、いやいやこのままではいかん!と思って、たまに奮起してみたり…。
    私はずっと、そんなことを繰り返していますƪ(˘⌣˘)ʃ
    自分の心と身体の声に耳を傾け、従い、行動し、のめり込んだなら、誰もが何かのプロフェッショナルになれるのでしょうね。
    素晴らしい芸術に触れたりスポーツ観戦中に、人々が胸を熱くし、心を揺さぶられるのは、自身の中の情熱が共鳴するからなのだと思います。時間に魂を込めて生きている人を、人は自然と応援したくなる。そして自分もそうありたいと思う。
    本当は誰もが、限りある時間をなりたい自分になるために使っていい!

    会いたくても、もう会えない人。私にもいます。
    私は勝手にその方々を、来世の自分の人生にキャスティングしています。しかも人間だけじゃありませんよ。
    亡くなった愛犬は、ドッグフードには興味がなく、ほぼ私が手作りした犬ごはんしか食べなかったので、仕方ないから来世では人間に昇格させて、私の息子にキャスティングしましたU^ェ^U。
    もちろん現在 健在で現役の方々も、ちょこちょこキャスティングして遊んでいます(^^)
    楽しい空想はプライスレスでエンドレスです♪

    • tomonico様
      コメントありがとうございます!
      来世の自分の人生にキャスティングって面白いですね!
      すごいアイデア・:*+.\(( °ω° ))/.:+
      最近の自分の気づきで解釈するならば、その発想、もう叶ってます\(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です