おはようございます✨

昨日はzoom講習会お疲れ様でした💕


今回はちょっと微妙な格についての講習会でしたが。。。。

算命学の冷徹さを垣間見ることができたでしょうか😂


ゲーム感覚で算命を解読するのが趣味の私でも。

やっぱり気が引けたり、こういう学問に取り組むこと自体が良くない

と思った時期もありました。

私は基本的に、ネガティブに触れていくことがあまり好きじゃなくて。

何度も放り出そうと思ったこともあって、実際放り出した時期もありました。


でも今思うことは、やっぱり算命続けていて良かったなって。

タブーを見つめてそこから得られる気づきもあるから。

闇雲にネガティブが辛くて避けていた時より、ずっとずっと

心が安定して、人生に対する信念を持つことができるようになったから。

人間の暗部を見つめて生まれることってありますね、やっぱり😊


私の場合は算命だったけど、人それぞれ、何かを深く追求したり

のめり込んだりって。やっぱりそういうことが人生を豊かにしてくれる

って思います💕

だから、冷徹無慈悲な算命学を、とことん浸って楽しみましょう😂

本格的に暑くなってきたので、火質が強い人、体に気をつけてくださいねー✨

8 Thoughts on “算命学という学問”

  • こんにちわ 冴夜先生
    資料やアプリの説明だけでは ただただ やばい 怖い 誰にも内緒 みたいに蓋して避けたい内容ですけど 昨日 冴夜先生の直接の言葉を聞くと 逆に安心しました
    いい事ばかりを知って それにばかり良い評価しても 浅いですもんね 暗闇の底のとこも知ってないと またそれを恐れてばかりじゃ ダメなんだって事 教わった気がします やはり 肉声って大事ですね
    先生のオープンな気質が時に面白くて 拓也さんの事も 先生がおっしゃる通りだと 確信してしまいました
    楽しいですね 創喜塾の講座

    来月も どんなお話しが出てくるのか 楽しみです

    • okabori様
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね、ちょっと算命学って怖いこと書いてありますよね(^◇^;)
      表面のキラキラしたところで判断しないこと、そればっかりが世界ではなく、
      裏側の社会もあったりして。
      自分はどこに居てどう生きるか、確立していくことが大切かなって思います!
      講習会、楽しいと言っていただけて嬉しいです( ^∀^)

  • 昨日はお疲れ様でした。
    算命学の闇の部分を知らずして
    この学びを続けるのはどーしても限界があると思います。
    私もネガティブに触れるのが、とても苦手です。
    テレビや映画の残忍なシーンとか大嫌いです。
    でもネガティブもある世界に我々は生きているのが現実。
    ネガティブを「ある」と認識することは大切だと思いました。
    そしてそれを知った上でどうするのか。
    鑑定士を目指すなら…という心構えも教えていただけてとても勉強になりました。
    来月の質問募集講習会も、相当楽しみにしています(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • tomonico様
    コメントありがとうございます!
    思ったより時間余らなかったですね。゚(゚´ω`゚)゚。
    キムタク談義が余計だったかしら。。。
    確かに私自身もネガティブ、残虐、銃の音とかほんと苦手です。
    でも人間の暗い部分ってやっぱりあって、社会も表と裏があったりで。
    深く知らなくても、そういう要素はみんな持ってるって考える方が
    生き方も楽になるなって思っています。
    今の私は、あっけらかんと闇を学ぶっていう感じです♪( ´θ`)
    またお会いしましょう!

  • 冴夜先生、昨日はありがとうございました。
    私のせいで、先生が話しづらくなっていたら、とても申し訳なかったです。
    私はファン歴が長すぎて、彼らの長所も短所もまとめて「彼ららしさ」として受け入れているところがありまして、
    昨日の先生の考察は、あれこれ納得することばかりでした。
    そして、私は、自分の中に闇を持っているせいか、日干が清濁併せ吞むと言われる壬のせいか、
    人間の暗部にこそ人間らしさがあるような気がして興味をもってしまうところがあるので、
    木村くんは、やっぱり気になって仕方ない人だなぁとも思いました。
    そんな私ですが、一番の推しは、中居くんなのです(笑)
    中居くんが、「山頂には山頂でしか見えない景色がある。
    でも空気が薄くて苦しくて、すぐに下山したくなる」と言っていたことがあります。
    彼らを見ていると、成功って何だろう、幸せって何だろう、と考えてしまい、
    算命学が中庸を良しとしているのも、確かになぁと思います。

    • ちょこ様
      コメントありがとうございます!
      いえいえ、気にしつつも言っちゃうのが私なんで。゚(゚´ω`゚)゚。
      私も中居くんが1番好きですね〜SMAPの中では。彼はすごく自分のことを客観的に見てる
      気がします。そして、場をきちんと読んで役割に徹し切るところがプロだなといつも感心
      してしまいます。
      そして、いつも自分の才能に疑問を抱いているような、哀しさも感じる人ですね。
      そういう人が好みってことは、私も暗いところに魅力を感じる人間なのかもしれませんが(^◇^;)
      どっちにしても、算命学に興味を持つ人は基本的に暗さがあると思います笑
      それはそれで、楽しい世界ですけどね( ^∀^)

  • 先日は講習会ありがとうございました^^
    テキストでは3行しか解説が書いてないですが、saya先生の格の考察に圧倒された
    回でもありました。
    まさに「タブーを見つめてそこから得られる気づき」でしたね。
    大切なことを教えて頂いて感謝しています。

    そして!!次回の大質問大会!!という名称かは不明ですけど^^;
    とても楽しみにしています♪

    • haru様
      コメントありがとうございます!
      格についての講義より、格についての考察ってのがミソで。゚(゚´ω`゚)゚。
      違う方には違う視点も生まれるので、皆さんも色々考えてみて欲しいなって
      思います!
      暑い暑い火が続きますから、haruさん体調気をつけてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です